マイクロソフトからのレター
Windows XP からスムーズに Windows 7 へ移行するには?
〜小規模の移行を手動で実施する方法〜

Windows XP が発売されてから 10 年が経過しました。Windows XP のサポート提供期間が 1000 日を切ったこともさることながら、私たちの IT を取り巻く環境は当時とは大きく変化しました。ソフトウェアの多様性は言うまでもなく、多くのサービスがインターネット (クラウド) 上で提供されるようになりました。

それに伴い、PC を使用した業務スタイルには否応なく多様性が求められている一方で、企業内で使用される PC にはこれまで以上に安全性やセキュリティ ポリシーの順守が求められています。多様性と安全性の両立は、システム管理者だけでなくエンド ユーザーにとっても悩みの種です。

Windows 7 を使用すれば、PC を社外に持ち出したり、個人の PC を業務で使用するといった多様な業務スタイルに対応できるとともに、コンプライアンスの順守や情報漏えいの防止も同時に実現できます。これこそが、私たちが IT に求めていた姿ではないでしょうか。

本サイトでは、 小規模の Windows 7 移行を手動にて行うための重要なポイントを洗い出して整理しています。また、移行ツールなどを活用した大規模の移行作業のポイントについても今後掲載予定です!!


OS のインストール方法、ハードウェアの要件の確認

ローカルに保存されたデータの移行

アプリケーションの移行

Internet Explorer に関する環境の移行

システム環境およびユーザー プロファイルの移行